Pippi the Cute Curly mamashio.exblog.jp

カーリーコーテッド・レトリーバーのピッピと暮らす日々を綴ります。


by ママしお
プロフィールを見る

犬の輸入  No.2

 このお尻が可愛くて 又使ってしまいました。
 Baby Pippiです。

f0326141_14020593.jpeg
  輸入しても直ぐに日本のケネルクラブ JKCには入れません。
 オーストラリアのケネルクラブから出される血統証は2つタイプがあります。

   ●リミテッド・レジスター
   ●オープン・レジスター

リミテッドは 交配した子供に血統証がでません。
      (ようするにケネルクラブが 交配を認めません)
 

オープンは ドッグショーに出陳でき、交配すると子供に血統書が出ます。
     (オープンでないと、輸出血統書が出ないため
      輸入国のケネルクラブに登録ができません。)
 
 ケネルクラブが乱繁殖をさせないシステムがある。
質の高いブリーダーを守っているのだ。
 どの国にもバッヤード・ブリダーはいる。
私も過去に 自分の犬の子なら相手は誰でもいい”腹貸せよ”の犬飼に
出会ってしまったが、この国も買主を質の高いブリーダーが選べる様に
なって欲しいと思っています。

ピッピも最初は リミテッドでした。
  
訓練士の先生について訓練していましたが、JKCの訓練競技会には出陳できませんでした。
(って 出れるほどでも無かったですが 042.gif
訓練士の先生は(笹トレ)他にも楽しめる競技会も教えてくれました。

 元々 我が家は長女のリハビリからウォータートライアルに参加していたので
ピッピともウォーターを楽しむつもりでいました。
 JKCのウォータートライアルは無くなってしまったので、
民間団体の方に参加していました。
そんなレポートをブリーダーの元へ送っていましたし、
ブリーダーも我が家へ来てくれたりしていました。

そんなこんなで一年が過ぎた頃 突然 ブリーダーから連絡が来て

ブリーダー ”リミテッドの血統書を送り返せ”
pしお   ”えっ?何?何かしたか?” 青くなるパパしお
ブリーダー ”オープンを送るよ”
pしお   ”$#&うぉ*@〜” 何言ってるか分からなかったです。

 私たちはカーリーのピッピと暮らせるだけで幸せだったので
オープンの血統書にこだわりはありませんでした。
 が、嬉しかったですね〜認めてくれたことが 本当に嬉しかったです。



 オープンの血統書が届きました。嬉しくて二人で泣きました。
f0326141_20210389.jpg
左の青いのが オープン  右のがリミテッド です。
 (ブリーダーの親犬舎の方が 私たちを認めてくださったと後から聞きました)

オープンになるとオーナーの名義が変えられます。(パパしおの登録になっています。)
ブリーダー、クラブ員が私たちを認めてくれました。
 とは言っても 交配しようにも日本には交配出来るオスはいません。
又私たちも交配を目的にしていません。だから検査も済ませていません。

そして。
f0326141_20204499.jpg
    これが↑輸出血統書です。
 これがないと 自国のケネルクラブに登録できません。


 血統書が変わったので JKCに連絡を入れました。パパしおが 笑
とても丁寧に教えてくれたそうです。

JKCでは外産犬の登録には(輸入犬)DNA検査を義務付けしています。
勿論マイクロチップもです。
f0326141_20370614.jpeg
DNA登録には写真貼り付けです。
コールネームの登録。

f0326141_20402073.jpeg
ウチが登録したチョッと前から輸出血統書にハンコだけになりました。。。
以前はちゃんとした血統書が出たのですが。。。ちょっと寂しかったです。
 
 
 

カーリーは一緒に生活して素晴らしい犬種です。

 
 ヤンチャです。狩猟性も強いです。
大型犬を飼った事が無い人が 初めての犬として迎えるのは止めた方が良いです。
運動能力も高いですし、レトリバーの中で一番大きいのがカーリーです。
相当大きな私でさえ引っ張られて転びました。
 私は訓練士の先生に5ヶ月教えていただきました。
誤解しないでくださいね。カーリーは凶暴ではありません。
人や犬に噛み付くなど ありえません。それは連れて歩いたらいけません!
 
 良いブリーダーのもと、
性格の良い群れの中で社会化期を送ったカーリーは愛情深い犬です。
オーストラリアの馬もペットな牧場のような庭で走り回って育ったのです。
 好奇心旺盛 大事な事です。

 飽き性ですよ。訓練生が低い?そんな事ありません。頭が良いからです。
フレンドリーです。甘ったれですよ。家の中では静かです。
人が来ても吠えたりしません。ガルガルしてる相手には吠える事があります。
止めれば止まります。私たちは毎日気がつけば 何かトレーニングしています。
それは遊びなんです。
 
 テーブルの上に食べ物を置いて出かけても決して食べたりしません。
それはテーブルから決して食べ物を与えないからです。
 基本 人の食べ物を与えません。人からも貰わせません。
人の側が分かっていれば リードすれば問題などありません。
 大型犬の飼育経験のある人には 当たり前の事なのです。

 今のピッピは 人差し指を立てるだけで座ります。

 
 いつかドッグショーでも走らせてみたいなって思っています。
 1頭1席です。ドッグショーも楽しもう!

 オーストラリアのケネルクラブでは 避妊・去勢した犬達のショーもあります。


 オーストラリアのカーリー登録数は世界で2番目に大きいです。
1番は アメリカです。本家のイギリスは3番目です。

 オーストラリアもアメリカやヨーロッパから血を混ぜて交配しています。
 遺伝子のプールを広げて 健全な種の保存を図っています。
 ブリーダー達の弛まぬ努力によって素晴らしいカーリーに会えました。

 私の世代は 犬も猫も "拾ってくるもの" でした。
輸入なんぞ 夢のまた夢。。。。夢じゃない049.gif



 


 

 

[PR]
Commented by お気楽ママ at 2016-06-25 22:04 x
かなり厳しいんですね。。。
でも、ちゃんと正式というか認めてくれたということは、ホントに嬉しかったでしょう!

前記事のことも、この血統書のことにしても
やはり日本は後進国ですね^^;
カーリーは、日本でどのくらい頭数がいるのかな・・・

ほんとね、昔は犬にしても猫にしても拾うのが主でしたから、輸入って頭がなかったですよね。
ピッピは幸せ♪
Commented by mamashio at 2016-06-27 21:02
真面目にやってるブリーダーを守るためでもあるんでしょうね
信頼してくれた事が本当に嬉しかったです。

 カーリーは20頭ぐらいいるのかな?
 
日本でも良いブリーダーさんは沢山いるんだろうけど、
この国のシステムがね。。。
 犬を飼う人が減ってきて変わってくれば良いけれど。。
”腹貸せよ!”みたいな飼い主がいるからね。笑
by mamashio | 2016-06-22 21:27 | Curly Coatedの話 | Comments(2)