Pippi the Cute Curly mamashio.exblog.jp

カーリーコーテッド・レトリーバーのピッピと暮らす日々を綴ります。


by ママしお
プロフィールを見る

かなしく たおやかな とき

 ピッピに美味しいモノを持って来てくれる 
ハンターの文子さん。

 ”レトリーブの練習するのにいいじゃない?!”って
鴨 いただきました。
f0326141_15423835.jpg
 東京に沢山雪が降った翌日。
冷凍されていた鴨さん。
ピッピにいじくり回されると解凍されてしまう!と思い。。。
(私が食べる事を考えると)
f0326141_15472258.jpg
雪の上でレトリーブさせてみたのですが。。。。。



 
f0326141_15502024.jpg
ぴ ”死んでるから いりません。私が持って行かなくてもいいです” みたいな顔009.gif


 ハンターの文子さん。
建築家でもあり、画家でもある。
すごいご近所さんだ。
アトリエが我が家のご近所さんである。
 その文子さんの個展へ しお家3名揃って行って来た。

 
  
 ”かなしく   たおやかな とき”  林 文子 個展

      
f0326141_15364717.jpg
 
作品を見ると 個展の題が すーっと心に入って来る。
優しくて、強くて、心によりそって 悲しくて。
とっても素敵でした。

確かこの後六本木のどっかで見れるらしい。

f0326141_15162676.jpg
ピッピの隣に立っているのが 林 文子さん。
(ぴ ”鹿と鴨の人だ”)
 
ピッピと並んでると大きさが分かります笑
人も素敵です。

f0326141_15125128.jpg
八重桜とヤマブキのお花見散歩をしながら3人で帰宅する道すがら
林さんの作品に 頂いた物を大切にしまいました。

[PR]
by mamashio | 2014-04-15 16:13 | Comments(0)